人気がある新幹線の魅力や特徴を理解しよう


新幹線の歴史

日本の新幹線の歴史は戦前まで遡ります。夢の超特急と言われる弾丸列車があありました。結果的に太平洋戦争が激化してしまったので、弾丸列車計画は中止となりました。しかし、そのときに既に用地が買収されていたルートもあったので、そのルートや着工済みだったトンネルなどが東海道新幹線の建設に活かされることになります。

当時新幹線の建設に携わったのが「新幹線の父」と呼ばれる十河信二や、国鉄技師長に任命された島秀雄などが知られています。特に島秀雄は技術者として深く関与し、新幹線計画以外にも「デコイチ」の愛称で知られる蒸気機関車の設計にも関与しています。

戦後東海道本線の輸送力がひっ迫するようになったことで、東海道新幹線の構想が急速に具現化していきました。当時鉄道事業は衰退していくという意見もありましたが、1964年に東海道新幹線が開業すると、多くの人が輸送手段として利用するようになり、乗客数は順調に推移していきました。

その後1972年に山陽新幹線が開通し、1975年には博多まで全通しました。さらに東北新幹線など、日本全国各地に路線が敷かれて現在では当たり前のように利用されている交通手段として確立されています。