人気がある新幹線の魅力や特徴を理解しよう


新幹線とは

日本を走る高速鉄道として知られている新幹線は、1964年に開業した東海道新幹線からその歴史が始まります。定義としては、列車が時速200キロ以上の高速で走ることができる幹線鉄道が新幹線になり、現在日本では7つの路線が新幹線として利用されています。

日本国内を走っている他の列車と異なっています。新幹線は高速で運行されるので、他の鉄道の線路や道路とは全て立体交差になっています。そのため踏み切りはありません。レール幅も標準軌間と言われていて幅が1435mmになります。現在の車両には最新の技術が搭載されています。自動列車制御装置、列車集中制御装置など常に遠隔制御もできる体制を整えています。また、沿線住民に配慮するために、騒音や振動など公害問題になりえる課題をクリアするために様々な施策を講じています。

昭和39年に開業してから東海道新幹線、山陽新幹線、東北新幹線、上越新幹線、北陸新幹線、九州新幹線、北海道新幹線が運行されています。さらにミニ新幹線として秋田新幹線と山形新幹線が運行されています。世界に誇る新幹線は速さと安全性に優れている高速鉄道です。JR各社がそれぞれの魅力を発揮しながら、常にお客様に満足していただける運行を心がけています。